オンラインリカーショップ 九代蔵
ログイン
20歳未満の方のご購入はできません。 25本以上のご購入はできません。
はじめての方 当店のご紹介 お支払い方法 送料とエリア 買い物カゴ ワイン ビール他
ようこそ! ゲスト様 毎度、ご訪問有難うございます。

ログイン
会員登録がお済でない方は、こちら↓からご登録ください。
会員登録

商品検索
お酒の種類
キーワード

ワイン

日本酒

焼酎

ビール




レストランや酒販店では、ワインを販売したりサービスしたりする仕事と同時に販売するワインの仕入れ、品揃え、貯蔵、在庫管理など、ワインに関する管理業務があります。どれだけ良いワインを揃え、どのよに管理がなされているかどうかで決まってしまうので、この管理はワインを取り扱う者としての、根幹にかかわる非常に重要な業務なのです。











◆ 取り引き業者の選定

ワインはウイスキーやブランディーなどの蒸留酒と異なり、醸造元で瓶詰めされ、市場に出荷された後も、瓶のなかで熟成を続け、息づいている生き物商品であります。 従って、輸送の時の条件や取り扱い業者の倉庫での保管状況が悪いと、ワインが変化したり悪くなったりすることがあります。

そこで、ワインを購入するにはワインの扱いを知り、貯蔵保管設備を持ち、売買取引で信用のおける業者を選ぶことがまず第一なのです。 ことに、高級ワインを扱う業者はワインの輸送にはリーファー(保冷設備付き)コンテナーを利用したり、航空便を使うなど細心の配慮と優れたワインセラーをもっていることが必須条件なのです。

◆ 貯蔵
ワインは保存の仕方によって熟成の度合いが大きく違ってきます。
ワインを詰める瓶が小さい場合、輸送などのために震動が加わった場合、
暖かい場所においた場合などは、熟成が早くなります。 そのためワイン
は保存するには一定の基準が必要となります。

 ァ_硬戮肋錣烹隠押襦腺隠粥襪鯤櫃帖
これは温度が高すぎたり低すぎたりすると、ワインが瓶のなかで化学変化を起こしたり、対流が生じたりして風味のバランスがぐずれます。

◆ァー湘戮錬沓亜腺牽亜鵑望ましい。
これは湿度が高い場合はワインそのものには影響はないが、瓶のラベルにカビがはえたりして商品価値が下がります。低い場合はコルク栓が乾燥して、瓶のなかに空気が入り込み変質を招く原因となります。

. 光線を避ける。
真っ暗な状態にして、必要な時だけ明かりをつける。 光線には光による化学変化を避けるため、蛍光灯は使用しないで熱線や紫外線カットの照明を用います。

ぁァ―いの強いのと一緒に貯蔵しない。
ワインは臭いを吸収しやすいので、塗料、燃料、野菜、魚、梅酒、にんにく酒などの臭いの強いのと一緒に置かない。

ァァ”咾離薀戰襪鮠絽きにし、横に寝かせる。
常にコルク栓を湿らせておくことにより、瓶のなかに空気が入ってワインが酸化するのを防ぐ。